施設概要

施設名称:
ワークアイ・船橋
施設種別:
就労継続支援B型施設
所在地:
〒273-0035 船橋市本中山3-21-5ワークアイ・船橋の地図へのリンク
TEL:
047-336-5112
FAX:
047-336-5114
設立年月:
2002年4月
施設長:
金子 楓
主な業務内容:
点字名刺作成/名刺印刷、テープ起こし、各種データ入力、封入/封緘、付属品再生業務、WEB業務

施設の歩み

ワークアイ・船橋の歴史は、ある中途失明の主婦からの「目が見えなくなっても私達主婦にも働くことができないだろうか」の声から、1996年に立ち上がった、障害者の就労の場、身体障害者福祉作業所「福祉情報センター ワークアイ・船橋」から始まる。
 その後、6年間の作業所活動を経て、2002年に身体障害者小規模通所授産施設「福祉情報センター ワークアイ・船橋」として業務開始。2008年には、障害福祉サービス事業所、継続支援B型施設「ワークアイ・船橋」へ移行。

1995年4月「福祉情報センター ワークアイ・船橋」設立準備委員会発足
5月船橋市本中山3丁目に事務所開設
6月テープ起こし業務等の業務開始
視覚障害者のパソコン教室及び点字教室開校
1996年4月無認可福祉作業所「福祉情報センター ワークアイ・船橋」開所
12月船橋市主催 障害者作品展初参加 以降、毎年参加
1998年4月業務拡大のため事務所移転 船橋市本中山3丁目
7月点訳ボランティアのための点字教室開校 60名受講
週3日2年間継続開催
11月福祉情報センター ワークアイ・船橋内に「船橋パソコン支援センター」発足
2001年1月業務拡大のため事務所移転 船橋市本中山3-21-5 YSビル
4月千葉県障害福祉課委託の「視覚障害者IT講習」受託
約1,000名受講(一年間)(2010年度現在迄毎年受託)
NHK(おはよう日本)や毎日新聞(4/9付)などに「視覚障害者IT講習」の取組が紹介される。
5月視覚障害者のためのPCボランティア講習実施 約100名受講
7月ワークアイ・船橋のメーリング「work-eye」開設
9月千葉県内14市町村へ「視覚障害者IT講習」の派遣講習実施
受講者数 約400名
2002年3月「社会福祉法人あかね」千葉県知事より認可
4月身体障害者小規模通所授産施設「福祉情報センター ワークアイ・船橋」業務開始
2003年7月「第一回千葉県障害者技能競技大会」幕張メッセにて実施
当施設利用者より4名参加。視覚障害者部門にて優秀な成績を収める
2007年5月総理官邸に総理との昼食会に招待され、パソコンでの障害者の就業デモンストレーションを実施
7月視覚障害者活字読み上げコード(SPコード)業務受託開始
2008年4月小規模通所授産施設「福祉情報センター ワークアイ・船橋」を廃止
障害福祉サービス事業所「ワークアイ・船橋」設立
・単独型就労継続支援B型 定員20名

このページの先頭へ ▲